BLENCK『ワイヤレスマウス』レビュー!薄型・クリック音が静かで超おすすめ

BLENCK『ワイヤレスマウス』とPCをケーブル接続
URLをコピーする
URLをコピーしました!
 

夜、静まった部屋で作業しているとマウスのクリック音が響くので何とかしたい!

特に小さなお子さんがいる場合、マウスのクリック音が大きいと気を遣いますよね。

今回はそんなお悩みを解決します。

結論から言うと、静音マウスに変えることで解決します。

マウスを購入するにあたって、はずせない条件は次の3点。

  1. カチッカチッとクリック音がしない
    (↑これ大前提)
  2. ワイヤレス
  3. 価格が2千円以内

あまりの数の多さに迷いましたが、Amazonの口コミやレビューを見てこちらのマウスに決めました。

今回は、BLENCK『ワイヤレスマウス』の良い点・気になる点をご紹介します。

目次

BLENCK『ワイヤレスマウス』のパッケージ外観と内容

パッケージの外観はこんな感じ。英語ばかりで読めません。

BLENCK『ワイヤレスマウス』の外箱前面
BLENCK『ワイヤレスマウス』の外箱裏面

パッケージ内容は次の4点。

  • 取扱説明書(日本語なので一安心)
  • マウス本体
  • レシーバー
  • 充電用USBケーブル
BLENCK『ワイヤレスマウス』のパッケージ内容

マウス本体は左右のボタン・ホイールしかついておらず、とてもシンプルな造りです。

レシーバーは開封時にはマウス本体裏に収納されていて、ちょっと探してしまいました。
後ほど、写真付きでご紹介します。

取扱説明書はパッケージの外観とは違い、日本語で書かれているので安心です。

BLENCK『ワイヤレスマウス』の取扱説明書(表)
BLENCK『ワイヤレスマウス』の取扱説明書(裏)

BLENCK『ワイヤレスマウス』のここが良い!と思う点

クリック音(カチカチ音)がしない

まず購入するにあたり大前提だったのが「クリック音が静か」ってこと。
静音じゃないとまた怒られてしまいますからね。

今まで使っているマウスと比べると、その差は歴然。

あのカチッカチッとした音はまったくしません。
それでいて、クリックした「感触」はしっかりあります。

薄型でカバンに収納してもかさばらない

BLENCK『ワイヤレスマウス』の本体側面画像

以前、使っていた純正マウスは厚みが3cmあったんです。
しかし、このマウスの厚みは2.2cm

 

たった8mmしか変わらんやん

こう思うかも知れませんが、8mm違うだけで実際はかなり薄く感じます。

純正マウスと比較すると、カバンに収納したときもかさばることはありません。

マットな質感で手汗をかきづらい

僕、手汗をかきやすいタイプなんですよね。夏場なんかは特に。

今まで使っていた純正マウスはツルツルだったので手汗&手垢が……。

これは予想外だったのですが、マットな質感で手触りが良く、手汗をかきづらいんです。

マウス本体にレシーバーを収納できる

BLENCK『ワイヤレスマウス』の裏側(レシーバー収納部)

このマウスは本体裏にレシーバーを収納できるようになってます。

少し取り出しづらいですが、勝手にはずれる心配はありません。

レシーバーって小さいので失くしやすいんですよね。(経験アリ)
この点は地味に便利だと感じました。

電池不要=パソコンにつないで充電できる

BLENCK『ワイヤレスマウス』の裏側(レシーバー収納部)

純正マウスを含め、今まで使ってきたのはすべて電池が必要なマウスでした。

マウスが動かなくなったときは、リモコンやおもちゃで使っている電池を取り出したりして……。

パソコンにUSBケーブルでつないで充電できるので電池のストックを気にせずにすみます。

BLENCK『ワイヤレスマウス』の気になる点

本体サイズが意外と大きい

BLENCK『ワイヤレスマウス』の本体上部画像

商品説明欄にサイズは記載されてたんですが、意外と大きいです。

僕の手のサイズ(手首から指先まで約19センチ)でちょうど良いくらい。

手が小さい方は少し使いづらいと感じるかもしれません。

耐久性(使用期間・充電可能回数)

こればっかりは何とも言えないんですけどね。

見た目がシンプル(悪く言えば安っぽい)。
頻度は低いものの充電できる回数も気になるところです。

耐久性については、壊れてしまった時点で報告したいと思います!

BLENCK『ワイヤレスマウス』の使い方(ペアリング・設定方法)

使い方は超簡単!

次の3ステップで使えるようになります。

STEP
レシーバーをUSB端子へセット

本体裏に収納してあった「レシーバー」をパソコンのUSB端子に差し込む

レシーバーをPCのUSB端子へセット
STEP
マウスの電源ON

マウス本体の裏にある電源スイッチをONにする

BLENCK『ワイヤレスマウス』裏のスイッチをON
STEP
マウスを充電

マウス本体とパソコンを付属のケーブルでつないで充電する

BLENCK『ワイヤレスマウス』とPCをケーブル接続

初めて使用する際は満充電すること。(約2時間かかります)

充電完了後、ケーブルをはずしてすぐに使うことができます。

BLENCK『ワイヤレスマウス』はiPadでは使えない!?使えるのはWindowsタブレットのみ

コメントをいただいて気付いたのですが、Amazonのページにタブレットでも使用できると書かれているんですよね。

その画像がなんとiPad

ページ内の「カスタマーQ&A」に数人の方がコメントされている通り、iPadにはレシーバーを差し込むUSB端子がないため、使用できません。

よっしー

これはダメでしょ!

カスタマーレビューを見てみると、Windowsタブレットでは使用できるようです。

・タブレットPCで使ってます。非常に使いやすいです。

・タブレットと記載されていますが、基本はWindows タブレットのみですので、要注意。

~Amazonカスタマーレビューより~

BLENCK『ワイヤレスマウス』レビューまとめ

今のところ、特に目立つほど「この点が悪い!」ってこともなく、まったく問題ありません。
むしろ、もっと早く買っていれば良かった!と思えるぐらい。

この静音マウスを使ってからは妻からのクレームもなくなりました。

ここが良い!と思う点
  1. クリック音(カチカチ音)がしない
  2. 薄型でカバンに収納してもかさばらない
  3. マットな質感で手汗をかきづらい
  4. マウス本体にレシーバーを収納できる
  5. 電池不要=パソコンにつないで充電できる
チョット気になる点
  1. 本体サイズが意外と大きい
  2. 耐久性(使用期間・充電可能回数)

お手ごろ価格なのであまり期待はしてなかったのですが大満足の商品でした!

初期不良だった場合、3ヶ月以内であれば無償で交換してもらえる【安心保証】がついてます。

良かった!と思ったらシェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる