知らなきゃ損!?特典満載のAmazonプライム 詳細はこちら!

FLEXISPOT『E8 Bamboo』レビュー!天然竹天板が魅力的な電動昇降スタンディングデスク

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • スタンディングデスクで部屋の雰囲気を明るくしたい
  • 安心して使えるスタンディングデスクを探している

上記のような方に候補の1つとしてぜひ検討していただきたいのが、今回ご紹介する電動昇降スタンディングデスク『E8 Bamboo』です。

本記事はFLEXISPOT様より製品をご提供いただき作成したものです。
公式HP:https://flexispot.jp/

今回はFLEXISPOT『E8 Bamboo』の組み立て手順や実際に使ってみた感想を写真付きでご紹介します。

目次

電動昇降スタンディングデスク『E8 Bamboo』の製品概要

『E8 Bamboo』のスペック

天板サイズ120cm×60cm×2cm/140cm×70㎝×2cm
脚部カラーブラック/ホワイト
脚幅調整範囲110〜190cm
対応天板サイズ幅120~200cm 奥行60~80cm 厚み≧2cm
本体重量脚部32.7kg、天板11〜13kg、合計43.7〜45.7kg
耐荷重125kg
昇降範囲60cm〜125cm
耐熱0〜40℃
モーター数デュアル
ポートUSB-A×1

『E8 Bamboo』の特徴

  • 耐水性・耐久性・衛生面に優れる竹天板
  • デュアルモーター搭載で昇降音が静か
  • 125kgの耐荷重
  • USBポート(Type-A)搭載
  • 高さを記憶できるメモリー機能
  • 安心して使えるセーフティモーション(障害物検知機能)
  • 誤操作防止のロック機能

FLEXISPOT『E8 Bamboo』組み立て手順

組み立てに必要なものは次の通り。

  • 六角レンチ・・・付属
  • プラスドライバー・・・自分で用意

下穴がないところをネジ留めする工程があるので、インパクトドライバーがあると便利

竹製天板とフレーム部に分けて梱包されています。

FLEXISPOT『E8 Bamboo』パッケージ外観
よっしー

めちゃめちゃ重いので運ぶときは、床を傷つけないように注意しましょう!

フレーム部の内容物は次の通り。

FLEXISPOT『E8 Bamboo』内容物
  • 脚×2
  • ケーブルカバー×1
  • ビーム
  • サポートプレート×2
  • 昇降支柱×2
  • コントローラー
  • 電源ケーブル
  • 各種ネジ・六角レンチ
  • 取扱説明書

それでは組み立てていきましょう!

STEP
ビームにサポートプレートを取り付ける

付属のレンチでネジを左右2箇所ずつとめていきます。

ビームとサポートプレート
ビームにサポートプレート取り付け

ひっくり返します。

ビームを裏返す
STEP
ビームに昇降支柱を取り付ける

付属の六角レンチでネジを左右4箇所ずつとめていきます。

ビームに昇降支柱取り付け
ビームに昇降支柱取り付け完了
STEP
昇降支柱に脚を取り付ける

STEP2と同様に左右4箇所ずつとめていきます。

昇降支柱に脚取り付け
昇降支柱に脚取り付け完了

デスクの位置を変える予定だったのでキャスターを購入しました。

元々ついているアジャスターをはずして、付け替えるだけなので超簡単です。

脚にキャスター取り付け
キャスターの拡大写真
よっしー

将来、デスクを動かす予定がある方は事前にキャスターを購入しておきましょう!

STEP
天板に脚部を取り付ける

天板の向きに注意。

ネジ穴が開いている方が見えるようにします。

FLEXISPOT『E8 Bamboo』竹製天板

ネジをゆるめてビームの幅を調整します。

ビームの幅調整
幅調整のため、ネジを緩める

下の写真のようにねじ穴に合わせてとめます。

この時、スマホのライトで照らすと穴の位置が見やすいです。

天板にフレーム取り付け
ライトで照らしたネジ穴

ビームの中央部のねじを4箇所とめます。

天板に穴が開いていないので、ねじをとめるのにかなり力が必要。

インパクトドライバーがあると便利です。

フレーム中央部をネジ留め1
フレーム中央部をネジ留め2
STEP
天板にコントローラーを取り付ける

天板の手前左右にネジ穴があいているので、コントローラーは右側でも左側でも取り付け可能です。

ネジ穴に若干余裕があるので、調整しながら取り付けていきましょう。

天板にコントローラー取り付け
天板にコントローラー取り付け完了
STEP
ケーブル配線

コントローラーと左右の支柱にあるモーターのケーブルをそれぞれ差し込んでいきます。

ケーブル差込口
ケーブル差し込み完了

電源ケーブルはこの時に差し込んでも良いですし、後からでも大丈夫です。

よっしー

僕は最後に差し込みました。

ケーブルカバーに収まるようにケーブルをビームの内側に入れておきます。

ケーブルをビーム内側に収納

ネジをはさむようにケーブルカバーを取り付けていきます。

ケーブルカバー取り付け1
ケーブルカバー取り付け2

上から見るとこんな感じ。

ケーブルカバー取り付け完了
STEP
デスクを起こす
よっしー

全行程の中でこれが1番大変!

できれば2人以上で行いましょう。

デスクを起こす作業

以上で組み立て完了です!!

僕の場合、1人で組み立ててインパクトドライバーなしだったので、50分くらいかかりました。

FLEXISPOT『E8 Bamboo』組み立て完了

ケーブルカバーのおかげで見えるのは電源ケーブルのみ。

カバーに収納されたケーブル
よっしー

フレームが白なので全体的に明るい印象です。

FLEXISPOT『E8 Bamboo』 キャスター取り付け時の高さ

キャスターを取り付けた時は、高さに注意!

初めから取り付けられているアジャスターに比べて4cm~5cmほど高くなります。

キャスターの高さ

コントローラーのLED表示は62.5cmですが、1番低い状態の高さは66.5cmとなっています。

キャスター付きの最低の高さ

最大の高さはLED表示では128cm、実際は約132cmとなっています。

キャスター付きの最大の高さ

製品説明では、昇降範囲が「60cm~125cm」となっていますが、恐らく天板の厚みを含めた数値になっているものと思われます。

FLEXISPOT『E8 Bamboo』の気になる点

『E8 Bamboo』の気になる点は次の3つ。

  • 本体重量が重い
  • 天板の厚みが薄い
  • 脚部のみで購入することができない

それでは順番に解説していきます!

本体重量が重い

天板だけで10kg以上。

フレーム部は34.4kgもあるので、天板と合わせると40kg以上とかなり重いです。

フレームの重量
よっしー

運送業者の方に玄関先に置いてもらったのですが、部屋まで運ぶのが大変でした。

天板の厚みが薄い

全体的な耐荷重は125kgと十分なのですが、天板上である1点に荷重がかかった場合、天板の厚みが2cmと薄いのが気になります。

例えば、クランプ式のモニターアームやデスクライト。

挟んだ部分に負荷が集中する為、強度がすこし心配なところです。

脚部のみで購入することができない

竹製の天板が標準セットとなっているため、脚部のみで購入することはできません。

また、他の天板が選べないのもマイナスポイント。

とはいえ、天板を取り外して脚部の再利用はできるため、好みの天板を購入して付け替えることは可能です。

【対応天板サイズ】
幅120~200cm/奥行60~80cm

FLEXISPOT『E8 Bamboo』の良い点

『E8 Bamboo』の良いと思う点は次の5つ。

  • 質感と性能に優れた竹天板
  • 安全性が高いフレーム
  • ワンタッチで高さ調節が可能
  • 昇降の動作音が静か
  • 安心して使える2つの機能

それでは順番に解説していきます!

質感と性能に優れた竹天板

まず、触った感じがいいんです。

さらさらとした手触りで気持ちよく、温かみを感じる竹天板。

手触りの良い竹天板

手前・奥の側面は下の写真のようにストライプ状になっており見た目がオシャレ。

竹天板の側面

ただ単に質感が良いだけではなく、以下の特徴もあります。

  • 耐水性/耐久性に優れている
  • 抗菌/脱臭効果がある

安全性が高いフレーム

全体的に丸みがある優しい印象です。

丸みのある昇降支柱(前面)
丸みのある昇降支柱(側面)

支柱は楕円形なので、ぶつかった場合、ケガをするリスクが小さいところもポイント。

ワンタッチで高さ調節が可能

コントローラーのLED表示で1mm単位で調整可能なため、自分に最適な高さに合わせることができます。

100cmからは1cm刻みの表示になります。

座ったときは○cm、立ったときは○cmって感じで、シーン別に記憶できるメモリ機能つき。

よっしー

ワンタッチで自分に合った高さに切り替えできる点が快適すぎます。

コントローラー拡大写真
メモリー機能の使い方
  1. 記憶させたい高さにする
  2. Mボタンを押す
  3. 4つのボタンのうち、記憶させたいボタンを押す

昇降の動作音が静か

昇降中にガタガタと揺れることなくスムーズで、とにかく静かです。

なので、次のような方におすすめ。

  • 小さなお子さんがいる方
  • 集合住宅に住んでいる方
  • 深夜に作業している方

安心して使える2つの機能

『E8 Bamboo』は安心して使える次の2つの機能が備わっています。

  • ロック機能
  • 障害物検知機能

【ロック機能】
小さなお子さんがいる家庭ではロック機能は必須ですね。
タッチパネルのボタンで遊ぶこと間違いなし

ロック機能の使い方

Mボタンを5秒間長押し

ロック機能の解除

ロックされた状態でMボタンを5秒間長押し


【障害物検知機能】
昇降時、物にぶつかると自動的に停止するので安心です。

ただし、当たる前に距離を認識して検知するわけではなく、ぶつかって反応する機能なので、その点は注意が必要です。

障害物検知の感度調節方法

昇降ボタン「∧」と「∨」を5秒間長押し

5秒間長押しするたびに感度が切り替わります。

  • R-3:高感度(デフォルト設定)
  • R-2:中感度
  • R-1:低感度
  • R-0:オフ

FLEXISPOT『E8 Bamboo』レビューまとめ

FLEXISPOT『EG8』レビュー!スタイリッシュで高級感あふれる電動昇降スタンディングデスク」でご紹介したガラス天板の『EG8』と比較すると、個人的にはクランプ式のモニターアーム等が取り付けられる点で『E8 Bamboo』の方が好み。

よっしー

天然竹天板の木目や手触り、色合いに温かみを感じて癒されます。

『E8 Bamboo』 の気になる点
  • 本体重量が重い
  • 天板の厚みが薄い
  • 脚部のみで購入することができない
『E8 Bamboo』 の良いと思う点
  • 質感と性能に優れた竹天板
  • 安全性が高いフレーム
  • ワンタッチで高さ調節が可能
  • 昇降の動作音が静か
  • 安心して使える2つの機能

次のような方は選択肢の1つとして検討してみてはいかがでしょうか?

  • スタンディングデスクで部屋の雰囲気を明るくしたい
  • 安心して使えるスタンディングデスクを探している

以上、「FLEXISPOT『E8 Bamboo』レビュー!天然竹天板が魅力的な電動昇降スタンディングデスク」でした。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

良かった!と思ったらシェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる