知らなきゃ損!?特典満載のAmazonプライム 詳細はこちら!

【Windows10】ショートカットキー作成で瞬時にシャットダウンする方法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

あなたはパソコンをシャットダウンする時、どんな操作をしていますか?

まさか、電源ボタンを長押ししてませんよね?

よっしー

故障する恐れがあるので絶対やめましょう!)

大半の方は画面左下の「スタート」→「電源」ボタンからシャットダウンしているのではないでしょうか?

この場合、少なくとも2回のクリックが必要です。

そこで今回はダブルクリックするだけで次の電源操作が可能となるショートカットアイコンの作成方法をご紹介します。

ショートカットキーアイコン
目次

windowsショートカットの作成手順

STEP
新規ショートカットの作成

ショートカットを作成したい場所で右クリック → 「新規作成」 → 「ショートカット」をクリック

ショートカット作成
STEP
コマンドの入力

電源操作に関する5つのショートカットは次の通り。

電源操作コマンド
シャットダウンshutdown.exe -s -f -t 0
スリープrundll32 PowrProf.dll,SetSuspendState
再起動shutdown.exe -r -f -t 0
ログオフshutdown.exe -l
ロックrundll32 user32.dll,LockWorkStation

上のコマンドをコピーして入力欄に貼り付けます。

コードを入力
STEP
ショートカットの名前の入力

作成後のショートカットに表示する名前を入力します。(※後から変更可能)

ショートカットの名前を入力

同じショートカットの名前を入力すると次のメッセージが表示されます。

タイトルの選択
STEP
ショートカット作成完了

これでショートカットが作成されました!

シャットダウンのショートカット作成

windowsショートカットアイコンの変更手順

このまま使ってもいいですが、分かりづらいですよね。

よっしー

直感的に分かるようなアイコンに変えてみましょう!

STEP
ショートカットのプロパティを開く

ショートカットアイコンに合わせて右クリック → 「プロパティ」をクリック

ショートカットのプロパティ
STEP
ショートカットアイコンの変更

「アイコンの変更」をクリック

ショートカットのアイコンの変更

入力したコマンドによっては最初から選べるアイコンの場所が違うことがあります。

次の場所を指定すると、「シャットダウン」と同じアイコン集から選択できるようになります。

C:\Windows\System32\shell32.dll
ショートカットアイコンの場所変更

※次のウィンドウが表示される場合があります。

アイコンの変更設定
STEP
アイコンの選択

アイコンを選択 → 「OK」をクリック

アイコンを選択してOK
ショートカットプロパティを閉じる
STEP
ショートカットアイコンの変更完了

選択したアイコンに変更されました!

ショートカットアイコン作成完了

【Windows10】ショートカットキー作成で瞬時にシャットダウンする方法まとめ

今回ご紹介した電源操作のショートカットコマンドは次の5つ。

  • シャットダウン
  • スリープ
  • 再起動
  • ログオフ
  • ロック

上記のうち、僕がよく使うのは、「シャットダウン」「スリープ」「ロック」の3種類。

よっしー

ショートカットアイコンをデスクトップ上に置いています。

タスクバーにも登録できますがワンクリックで実行可能なため、誤操作の恐れがあります。
(気づかないうちに「シャットダウン」アイコンを押したりして...。)

ショートカットをタスクバーに表示

シャットダウンやスリープ等、ダブルクリックで簡単に操作できる便利なショートカット機能。
ぜひお試しください。

以上、「【Windows10】ショートカットキー作成で瞬時にシャットダウンする方法」でした!

デスクワークが多い方必見!
  • デスク環境を参考にしたい方
  • ガジェットに興味がある方
  • 作業効率を上げたい方

↓「PCデスク環境」カテゴリ
https://bokulabo.com/category/pc-desk-environment/

ぜひご覧下さい!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

良かった!と思ったらシェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる